美容整形の人気施術とダウンタイムについて知ろう

女の人

切らないほうれい線治療

医者と看護師

ほうれい線対処について

頬が垂れ落ちてくるとほうれい線が深く、老けた印象が強くなります。いつまでも若々しくいたい人にとって見た目の老いは避けたいもの。しかし、ほうれい線を消すことで実年齢よりも若く見られるようになります。若い人でほうれい線が目立ってしまう人も、ほうれい線治療を行なうことで年相応の見た目に見せることができますよ。福岡の美容外科ではどういった方法でほうれい線を消すのでしょうか。施術について詳しく見ていきましょう。

ほうれい線治療の美容整形

福岡の美容整形外科では、こうした若返り治療の施術も行なっています。リフトで耳の後ろから余分な皮を引っ張ったり、糸で頬の皮膚を持ち上げたりといった治療などを用いてたるみを解消させます。また施術は切開や糸で引き上げる治療法だけでなく、注射でほうれい線を消す施術もあります。注入を行なうだけなので、ダウンタイムが短く、短時間の施術で終了することができます。福岡の美容整形外科で行なうほうれい線治療に使われている注射について次項から説明していきます。

コラーゲン

コラーゲンは保水力が高く、肌の弾力を高めてハリツヤを維持する効果があります。年齢とともに減少するため、少なくなると肌が乾燥し、ハリを失ってしわやたるみができやすくなります。このコラーゲンをほうれい線に注入して、肌の弾力や保水力を向上させることでほうれい線を消します。もちっ、ぷるんとした肌を維持するために行なっている人もいます。料金相場は大体1回分6万円~12万円程度。ダウンタイムは注射針程度の傷なので腫れや内出血があっても通常はその日で目立たなくなるか、1週間から2週間で目立たなくなります。アレルギーがあるタイプが行なうと異常が起きる恐れがあります。アレルギーを持っている場合は、福岡で行なっている美容整形外科に行き、カウンセリングを受けるようにしましょう。

ヒアルロン酸

福岡の美容整形外科でも人気の高いヒアルロン酸注射は、コラーゲン組織のサポートをして潤滑性などを高める効果があります。即効性が高く、その日でへこんでいた溝の部分がふっくらするので効果はすぐ実感できます。コラーゲン注射と比べ、さらにアレルギーの発生頻度が低く安全性が高い施術です。料金相場は3万円から6万円程度とコラーゲンよりは安価です。肌に潤いやハリを取り戻す効果がありますが、成分は体内に吸収されるため、持続性は3ヶ月から12か月程度になります。ダウンタイムはコラーゲン注射と変わらず、ほとんどないか2週間程度で腫れや痛み、内出血が治まります。

プラセンタ

プラセンタは馬などの動物の胎盤から抽出された成分です。中には成長因子が含まれていて、コラーゲンの生成や活性化などに効果を発揮します。新陳代謝の向上や免疫力の向上などが期待できます。そのため経口摂取・注入やスキンケアに取り入れられるなど様々に利用されています。経口投与よりも注射を行なうことで即効性が発揮されますが、献血ができなくなるなどの制約があります。値段の相場は1000円から3000円程度とリーズナブルです。副作用はかなり少ないですがアレルギーなどがある人は注意が必要でしょう。ダウンタイムもほかの注射施術と同じで即日でなくなるか、1~2週間程度で改善します。