美容整形の人気施術とダウンタイムについて知ろう

女の人

ダウンタイムを知ろう

女の人

美容整形のダウンタイムについて

美容整形について調べていると頻繁に出てくるダウンタイム。その期間は施術によってもまちまちで、症状にも違いがあるケースもあります。この期間を考慮せずに施術スケジュールを考えると、後で大変な目に合うかもしれません。美容整形を考えるのならダウンタイムについてもしっかり知っておきましょう。ダウンタイムの症状や期間が分かれば、施術後も落ち着いて静養ができますよ。

ダウンタイムとは

ダウンタイムとは、美容整形などの治療・施術を受けて後に起きる腫れ・内出血・むくみ・出血・倦怠感・痛み・赤み・肌や患部の乾燥やかさぶたなどの傷が治るまでなどの期間をいいます。施術によって期間が異なり、注射の場合だと即日でダウンタイムが終わるケースもあれば、内出血跡や赤みが2週間ほど続くダウンタイムの場合もあります。症状についても施術で異なり、例えば切開法や埋没法で目を施術するとむくみや腫れ、赤みや内出血が起きる恐れがあります。施術事に異なるので、行なう前には福岡の美容外科などでしっかりカウンセリングを受けて、ダウンタイムの症状やデメリットについて相談しましょう。

美容整形のダウンタイム目安

では、実際どの施術にどのくらいのダウンタイムが発生するのでしょうか。福岡の美容外科の施術から、ダウンタイムの目安を見てみましょう。福岡の美容外科で行なわれている施術で人気の施術、二重埋没法のダウンタイム目安は3日から最長1ヶ月半程度。痛みや腫れ、赤みやむくみの症状が強く出るのが3日から5日程度では徐々に腫れやむくみが引いていきます。二重切開法の場合はさらに長く、1ヶ月目までは中々腫れや赤み内出血が引かないことがあります。4か月ごろにはダウンタイムが終わります。ほうれい線のヒアルロン酸注射などは、腕が悪くなければ即日から1週間以内には赤みなども引きます。注射程度の傷なので何度も刺したり、位置を間違えたり刺し方が悪くない限りはその日で目立たなくなります。ただし、アレルギー持ちの場合はアレルギーで悪化することがあるので、施術前にしっかり問題がないか、福岡の美容外科のカウンセリングで相談しましょう。

ダウンタイムの短縮

ダウンタイムの短縮は、医師の指示に従って患部を冷やす・マッサージをする・食事やアルコールに注意する・日焼けや紫外線に注意・患部を濡らさない・圧迫するなどその施術内容に合わせて処置を行なうことが重要です。その他、血が出るような施術を受けたときは血を作る鉄分やたんぱく質、水分の補給など、体の不足した成分を補う食事を心がけましょう。