美容整形の人気施術とダウンタイムについて知ろう

最上の美しさを

二重整形のリスク

ドクター

一昔前と異なり、二重整形はかなり受けいれられて来ています。福岡の美容外科でも多くの女性が手軽で、ファッション感覚で二重整形を考えるようになりました。しかし、手軽だからこそ、そのリスクを把握しておかなければなりません。

Read

美容目的での保険適用

カウンセリング

美容整形クリニックの施術料金は、中々高い値段の施術が多いです。福岡も例外ではなく、クリニックによって差があるものの安くはありません。美容整形は保険で安くならないのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

Read

二重整形で人気の埋没法

女性

切開法と埋没法の比較

福岡の美容整形外科で扱われている二重整形は大きく分けて埋没法と切開法が用いられています。この2つの方法にはどのような差や違いがあるのでしょうか。施術を受ける側にとって、よりよい方法がどちらなのかなどを考えてみましょう。

埋没法のメリット・デメリット

二重整形において、歴史が長いのが切開法です。その方法は一般的に目頭や目じり、まぶたなどの切開、縫合を行なって二重の形を理想的に作り上げていく方法になります。どうせ切開するからと同時に目の大きさを変える手術を行なう女性も多くいます。総合的に目の形を整えることができますが、切開と縫合を行なうため、腫れや痛みがあり、内出血によるダウンタイムが長いデメリットがあります。また、金額も手術内容によって高くなりやすく、平均金額で28万円前後など安い金額ではありません。時間と金銭面の余裕が必要になります。埋没法はその後に生まれた技術で切開をせず、糸でまぶたや目の筋肉部分を留める方法での二重整形を行ないます。そのため、切開よりも手軽な方法として、福岡の美容整形外科界隈でも爆発的に普及しました。価格が切開法より比較的安いことでも民間女性が試しやすく、美意識の高い福岡では多くの女性が施術を受けに美容整形外科に相談しています。

切開法とどちらがいい?

先に述べたように、まず切開と異なり切らないことから傷が目立ちません。傷はまぶたの二重のラインなどに隠れる程度、糸のつなぎ目も中に埋没しますので施術がよほど下手でない限りは自然な二重にすることができます。価格も福岡の切開法平均金額の3分の1以下、約8万円前後となっています。ダウンタイムは個人差があるものの3日から1ヶ月と、1ヶ月~3ヶ月もダウンタイムがある切開法よりもかなり短い期間で済みます。仕事にも復帰しやすいですが、効果が短く半年も持たない恐れもあります。また、中の糸が切れたり、結び目が違和感を与えたりすることがあるため、福岡でも施術レベルの高い美容整形外科で行なう方が安心です。

要素だけ見れば埋没法と考える人が多い二重整形ですが、施術後の持ちや完成度から見ると切開法に軍配が上がります。また、埋没法の場合は行なう際に目の形状やタイプによって制限があります。目の脂肪が厚い、まぶたがむくみやすく腫れぼったい、まぶたが垂れ下がっていて目が小さくなっているなどのタイプの場合は上手く施術できなかったり、理想の二重ラインが作れなかったりなどの問題もあります。個人差があるのでまずは施術を決める前に、自分に合った方法についてカウンセリングを受けてみましょう。

切らないほうれい線治療

医者と看護師

ほうれい線を消す治療には切ってひっぱる・糸でつるほかにも、注射で治療する方法があります。福岡の美容整形外科では、コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタなどを扱って治療しています。料金などを詳しくみていきましょう。

Read

ダウンタイムを知ろう

女の人

美容整形につきもののダウンタイム。期間や症状を知らないと、手術を受けて後のスケジュールが大きく狂うなどの恐れがあります。福岡の美容外科で行なっている施術別にダウンタイムについて知っておきましょう。

Read